愛知県 【腰痛、不妊治療、生理痛、便秘、下痢、骨盤矯正、スポーツ外傷、交通事故、関節痛、ヘルニア、オステオパシー】 西蓮堂整骨院

愛知県額田郡幸田町の西蓮堂整骨院 愛知県額田郡幸田町の西蓮堂整骨院

施術のこと、症状などお気軽にお電話ください。
休診日:水曜、日曜日、祝日

愛知県額田郡幸田町の西蓮堂整骨院

ブログ Blog

膝の腫れは注射で水を抜くのが正解? 他の方法で改善する可能性あり! 80代女性幸田町

2019年10月12日
症例報告

今回は「膝の腫れに対しての治療」です。

80代女性  膝の変形性関節症

腫れも左右差があり、歩行困難。

 

これくらい腫れていると、病院では「注射で水を抜く」治療になります。

水を抜いてヒアルロン酸を注射

このパターンだと、膝の根本的な治療に繋がらないケースが圧倒的に多い。

そもそも膝の変形性関節症だと、歩行時に膝に対して常時負担となる為、痛みを伴いやすくなる。

理想の治療は、膝を含めた脚全体の治療をして身体を使いやすくしてから、体幹や脚のトレーニングが必要です。

今回の治療

膝裏のリリース

股関節のモビリゼーション

脚の筋収縮を促すアプローチ

この3点セットでこんな変化です。

 

膝の腫れは、高齢者やスポーツ選手、主婦の方に非常に多く見られる症状。

「腫れているから水を抜く」以外にも、徒手療法やトレーニングで改善が出来ることもあります。

当院では膝の症状に対して、身体の使い方や徒手療法で可能な限り「腫れを引かす」チャレンジをしていきます!

pageup