愛知県 【腰痛、不妊治療、生理痛、便秘、下痢、骨盤矯正、スポーツ外傷、交通事故、関節痛、ヘルニア、オステオパシー】 西蓮堂整骨院

愛知県額田郡幸田町の西蓮堂整骨院 愛知県額田郡幸田町の西蓮堂整骨院

施術のこと、症状などお気軽にお電話ください。
休診日:水曜、日曜日、祝日

愛知県額田郡幸田町の西蓮堂整骨院

ブログ Blog

ケガの処置→最近の考え方は冷却は✖︎?

2019年10月20日
身体の知識

整骨院ではよく診るケガ、その処置や考え方について報告します。

今回の報告は冷却、アイシングに対しての考え方です。

スポーツ後、氷を大量に肩や脚に当てている選手見たことありませんか?

ケガをした時は氷嚢で当てる、今迄は当然の処置でした。

整骨院で診る圧倒的に多い症状は「捻挫、肉離れ」です。

従来の処置はRICEと呼ばれる手法

Rest(安静)

Ice(冷却)

Compression(圧迫)

Elevation(挙上)

この考え方で治療していました、が

最近ではケガの治療法で、冷却が必要ないとの考え方に変わりつつあります。

冷却に関しては様々なデータが出ており、回復を遅くする!とも言われています。

野球選手やサッカー選手でも試合直後に冷やしていますが、アメリカのメジャーリーグではアイシングをやらない選手も多いとのこと。

さらに痛みを減らす「鎮痛効果」は期待出来るけど、損傷した箇所を回復させる細胞、サテライト細胞(※)の活性化を制限かけてしまいます。

(※サテライト細胞、別名筋衛星細胞は普段は動かないが筋肉が損傷した際に働く細胞。)

では冷却は身体に対して全く効果が無いのか?

そこは考え方が異なります。

プロスポーツの現場では、クライオセラピーといったマイナス180度前後の冷却ガスを数分身体に当てる、という治療もある為、短い時間であれば回復は期待出来るはずです。

ただ、「一時的に短い時間で冷やす」事が血流の改善を促す=回復のポイントではないかと思われます。

つまり

ケガをした圧迫をして腫れを増やさない

身体の回復を促したい短い時間のアイシング

次回は「圧迫」について報告します。

pageup