愛知県 【腰痛、不妊治療、生理痛、便秘、下痢、骨盤矯正、スポーツ外傷、交通事故、関節痛、ヘルニア、オステオパシー】 西蓮堂整骨院

愛知県額田郡幸田町の西蓮堂整骨院 愛知県額田郡幸田町の西蓮堂整骨院

施術のこと、症状などお気軽にお電話ください。
休診日:水曜、日曜日、祝日

愛知県額田郡幸田町の西蓮堂整骨院

ブログ Blog

筋力を強くするコツ①→歩く事は筋力アップに関係無し。最大の力を出す事がコツ

2019年12月15日
身体の知識

筋力を強くするコツ①歩く事は筋力アップに関係無し。最大の力を出す事がコツ

先日から導入した10キロのスクワットバー。

腰痛・脚の筋力低下・高齢者の患者様などトレーニングが必要な人に対してやってもらい、皆さん頑張ってます💪 

動画はこちら↓

4C34B5E5-600C-4430-A773-77450C827BD8

 

当院で運営中のリハビリデイサービスでも早速活躍、半数位の方がやっています。

デイサービス利用される方は80代前後、高齢の方でも負荷の高い運動をやらないと日々僅かながら筋力低下となります。

「近所の散歩を毎日しています、でも膝が痛いのは変わりません。」

毎日歩く筋力アップ痛みの改善

このような改善するケース、あまり多くありません。

実は毎日続けていても変わらないのは、身体の仕組みが関係しています。

人間の身体、成長のピークは20歳位。その後は低下していきます。筋力に至っては年間1%ほど低下、つまり60歳の方であれば約40%低下します。これは日常生活レベルの動き、歩行や家事などしていても筋力は下がります。

つまり散歩や家事をしていても、筋力アップには全く関係ない為、実は筋力低下につながる可能性があります。

・何故毎日歩いているのに膝が痛いか?

・休日に身体を動かしている、けど腰が痛い。

・風呂掃除をすると背中がつる

このように訴える方は周りに多くみえませんか?この例などは、実は筋力低下による可能性があります。

その為には「筋力を最大限に使う」事で身体を強くする必要があります。

当院では強度の負荷を掛けたトレーニングを推進しています。

強負荷数回(10回程)を週に一度

ちなみに強度の負荷はどれくらいか?

基本的に定義はないですが、数回出来るくらいのトレーニングが理想と考えられます。

骨盤矯正の効果 〜逆子の治療は子宮回りの靭帯もチェックする!

2019年11月24日
身体の知識

二週続けての逆子の治療に対して患者様から反響意外とありました🙋‍♂️

そもそも、「整骨院でなぜ逆子の治療?」と当然ながら思われている為、患者様には必ず説明をします。

西蓮堂の役割は、身体全身のつながりを考えて治療+アドバイスをする。

・トレーニング

・日常生活指導

・身体の使い方

・食事

ホームページにも記載されてますが、身体のつながりを考えると対応出来る症状は多くあります。

逆子矯正もその一つ、解剖学や生理学を中心に考えられた治療法です。

今回は逆子の治療法第2弾、腹部からのアプローチです。(反射治療ではありません。先週は反射について報告、と伝えましたが反射治療とは少し異なる為またの機会にお伝えします、すみません🙏

腹部には子宮を支える靭帯、子宮円索があります。

この子宮円索に骨盤の歪み、負担が掛かり緊張してしまうと子宮を引っ張ってしまい胎児にストレスをかけてしまいます。

子宮円索は子宮から大陰唇に繋がる靭帯なので、腹部や恥骨周囲のリリースで緊張が緩和する事が期待出来ます。

この二箇所を治療する事で、子宮の負担を軽減胎児が適切な位置=逆子改善に繋がると考えられています。

ただ難しいケースもあり。

・双子

・前置胎盤など胎盤の関係

病院で検査して、問題無いけど逆子が治らないケースは一度受けてみる価値はあると思います☝️

ケガの処置→安静よりも適切に使って治す

2019年11月03日
身体の知識

今回はケガの処置第3弾。

ケガをした後には「早期に適度な負荷」を掛ける必要があります。

最近では、急性損傷の早期管理として必要以上の固定、安静は悪影響を及ぼすことが分かってきており、RICE処置のRRest=安静)を、Optimal Loading(最適な負荷)に置き換えたPOLICEという概念が広まりつつあります。

適度な負荷細胞の活性化回復が早くなる、考え方です。

以前お伝えしたサテライト細胞は、筋肉の回復する役割があり、筋肉に負担が掛かることで細胞が活性化される為、負荷を掛けた方が回復は早くなります。

では適度な負荷はどれくらいか?

痛みが出ない範囲・状態で、ケガをした箇所に負担を掛けるイメージです。

例えば足首を捻挫では

23日は炎症が発生腫れ、痛みが出ます。この期間は基本的には安静にする。

3日目以降を目安に、少し症状が緩和してきたら負荷を掛けるリハビリを開始します。

足が痛くない範囲で

①動かす

②荷重を掛ける

③足首周囲のトレーニング

更に「物理療法」といった、機械を使った治療や、テーピングで関節を固定する治療も併せて行います。

 

今までのまとめ☝️

 

ケガをした処置

 

①すぐにケガをした箇所に圧迫をする

②痛み、腫れが強ければ短時間のアイシング+寝た状態では脚を上げて休む

③整骨院や病院で検査判断を仰ぐ

④早期に適度なリハビリを開始

このパターンを覚えておいて下さい🙋‍♂️

ケガの処置→圧迫はケガをした時に1番大事な処置!!

2019年10月27日
身体の知識

前回に引き続き、ケガをした際に応急処置として必要な「圧迫」についての報告です。

圧迫→Compression、実は非常に大事な処置です。

ケガをして損傷した組織は、内出血がおこり血液や組織液などが溜まり、腫れてきます。そこで圧迫をする事で腫れを防ぐ事が出来ます。

圧迫の方法は、当院ではパットを使ってテーピングか包帯で固定をします。

ケガをした腫れてくる前に圧迫をする事で、早期回復につながります。

この時のポイント☝️

①強く締め過ぎない様巻く事

②痛みやジンジンした感覚を伴う位であればすぐに緩めて巻き直しをする

 

また、女性に多い浮腫みに対してのソックス、などの圧迫も効果が期待出来ます。締め付けると圧力が掛かり、溜まった組織液を流す力が働きます。

圧迫の役割は

ケガをした時の腫れを防ぐ

と覚えてください☝️

次回は、ケガをしたら安静適度な負荷を加える方が良い考え方について報告します。

ケガの処置→最近の考え方は冷却は✖︎?

2019年10月20日
身体の知識

整骨院ではよく診るケガ、その処置や考え方について報告します。

今回の報告は冷却、アイシングに対しての考え方です。

スポーツ後、氷を大量に肩や脚に当てている選手見たことありませんか?

ケガをした時は氷嚢で当てる、今迄は当然の処置でした。

整骨院で診る圧倒的に多い症状は「捻挫、肉離れ」です。

従来の処置はRICEと呼ばれる手法

Rest(安静)

Ice(冷却)

Compression(圧迫)

Elevation(挙上)

この考え方で治療していました、が

最近ではケガの治療法で、冷却が必要ないとの考え方に変わりつつあります。

冷却に関しては様々なデータが出ており、回復を遅くする!とも言われています。

野球選手やサッカー選手でも試合直後に冷やしていますが、アメリカのメジャーリーグではアイシングをやらない選手も多いとのこと。

さらに痛みを減らす「鎮痛効果」は期待出来るけど、損傷した箇所を回復させる細胞、サテライト細胞(※)の活性化を制限かけてしまいます。

(※サテライト細胞、別名筋衛星細胞は普段は動かないが筋肉が損傷した際に働く細胞。)

では冷却は身体に対して全く効果が無いのか?

そこは考え方が異なります。

プロスポーツの現場では、クライオセラピーといったマイナス180度前後の冷却ガスを数分身体に当てる、という治療もある為、短い時間であれば回復は期待出来るはずです。

ただ、「一時的に短い時間で冷やす」事が血流の改善を促す=回復のポイントではないかと思われます。

つまり

ケガをした圧迫をして腫れを増やさない

身体の回復を促したい短い時間のアイシング

次回は「圧迫」について報告します。

pageup